理系男子が「良い出会い」を増やすには?ルックス改善が一番簡単!?

今回は理系男子向けの記事です。

僕の周りには「良い出会い」がないと嘆く理系男子が多いので、「良い出会い」を簡単にモデル化し、最大化する方法を解説します。ちなみに、ここでいう「良い出会い」とは、これからお付き合い、結婚に発展する可能性のある出会いのことです。

 

「良い出会い」の数式化

それでは、早速ですが「良い出会い」を数式化します。

良い出会い = NP1aP1bP2aP2b

それぞれの記号の意味は以下のとおりです。

N:気になる女性と出会う数。

P1a:第一印象であなたが相手に興味を持つ確率。

P1b:第一印象で相手があなたに興味を持つ確率。

P2a:あなたが相手とお近づきになりたいと思う確率。

P2b:相手があなたとお近づきになりたいと思う確率。

 

添字の数字は関門(ゲート)の番号、aはあなたがどう思うか、bは相手にどう思われるかを表します。

ちなみに、上の式ではP2までを書いていますが、P3以降も続きます。P3以降のいくつかのゲートをクリアしてお付き合い、結婚に至るわけです。

 

「良い出会い」を増やす方法

数式化してしまえば、あとは「良い出会い」を最大化する方法は明白です。右辺の各項をできるだけ高めるわけです。それでは、一つづつ解説していきます。

まず、N。これは、母数になる数字でして、紹介、合コン、サークル、結婚相談所、街コンなどでの出会いで決まります。Nを増やすためには、これらの機会を増やすしかありません。がんばりましょう。

女性向けの記事ですが、以下が参考になるかと思います。

データから見る:社会人理系男子と出会うためにはどこに行くべきか?

調査結果:企業勤めの理系男子と出会いたいあなたにオススメの結婚相談所は?

 

次に、P1a。これはあなたの好みによって決まります。自分にウソをついても良いことはないので、素直になりましょう。

続いて、P1b。これは、ルックスや所作、雰囲気で決まります。そして、これらは自分の努力次第で大きく変えることができます。僕も長年わかっていなかったのですが、ルックスが良いというのは顔の作りが良く、いわゆるハンサムであるということとはちょっと違います。服装や髪型、体型などが格好良いということです。なので、比較的簡単に改善することができるのです。

服装を格好良くしたければ、洋服屋の店員さんに相談するのがベストです。「大事なデートがあるので(お見合いがあるので)フルコーディネートをお願いします」などと言うと良いでしょう。店員さんも張り切って一緒に考えてくれるでしょう。社会人であれば、シャツ&ジャケットスタイルがオススメです。お店は、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップが程よく上品な服を揃えており良いと思います。あまりお金のない学生さんであれば、GAPやGlobal workあたりでも良いかもしれません。

また、髪型を格好良くしたければ、美容室に行っておまかせで切ってもらうのが良いです。染めたりパーマをかけたりするとその後のメンテナンスが大変なので、黒髪でサッパリ、さわやかが良いでしょう。やはり、「大事なデートがあるから」、「お見合いがあるから」など伝えると美容師さんも張り切ってくれるはずです(少なくとも僕の友人の美容師はそういう依頼は大好きです)。細かいところですが、髪の毛と一緒に眉毛も整えてもらいましょう。大分印象が良くなるはずです。

そして、体型を格好良くしたければ、スポーツクラブに行くのが良いです。服装や髪型に比べると時間がかかりますが、トレーナーに相談しながら体型を整えていきましょう。

 

続いて、P2a。これはP1aと同様、あなたの好みによって決まります。素直になりましょう。

最後に、P2b。これは主に会話力で決まります。というと難しく感じますが、大事なのは相手の話を良く聞いてあげることです。人にもよりますが、女性は話を聞いてもらいたいタイプが多いのです。ポイントは、決して説教やアドバイスめいたことを言わないことです。繰り返しになりますが、聞いてもらいたいだけなので共感するだけでOKなのです。

ここまでクリアすると連絡先交換、そしてデートにまで至ります。

 

さいごに

色々と書きましたが、お店に行って服装や髪型を格好良くして、会話の際に相手の話を良く聞く、ということを心がければ、良い出会いがグンと多くなるはずです。

僕の友人でも美容室に行って完全おまかせで髪型を変え、その後にセレクトショップに行って完全おまかせで服装を変え、さわやかな感じに変わった途端「良い出会い」が増え、彼女ができたりそのまま結婚に至ったりした人が2名ほどいます。

オススメの方法ですので、「良い出会い」がないと悩んでいる理系男子は是非試してみてください!

このページの先頭へ