1. エン婚活エージェント

    三冠
    出会いチャンス 4.5
    コスパ 5.0
    エリア毎の異性会員数(平均)
    628.5名(2019/11)
    紹介1人あたりにかかる費用:
    ¥801(2019/11)
    管理人コメント

    エリア毎の異性会員数、紹介一人あたりにかかる費用とも文句のない数値です。注意していただきたいのが、エン婚活エージェントは実店舗がないオンライン専用の結婚相談所だということです。多くの場合、店舗がなくて困ることはありませんが、直接顔を合わせてスタッフに相談したい人は注意してください。対応エリアの24都道府県に住んでいる方はぜひ検討してみてください。

  2. O-net「オーネット」

    オーネット
    出会いチャンス 5.0
    コスパ 4.0
    エリア毎の異性会員数(平均)
    642.2名(2019/10)
    紹介1人あたりにかかる費用:
    ¥1,378(2019/11)
    管理人コメント

    誰もが一度は検討する最大手です。僕の知り合いでも利用者が多いです。エリア毎の異性会員数、紹介一人あたりにかかる費用とも良好な数値です。 お住まいのエリアに店舗があるのなら、一度足を運んで無料体験など試してみると良いと思います。店舗に行った際は、そのエリアの異性会員数の確認を忘れないでください。地域によっては上の数字から大きく離れている可能性がありますので。多くの理系企業が法人会員になっているのもポイントです。

  3. ZWEI「ツヴァイ」

    結婚仲介所
    出会いチャンス 3.5
    コスパ 4.0
    エリア毎の異性会員数(平均)
    272.1名(2019/2)
    紹介1人あたりにかかる費用:
    ¥2,065(2019/11)

     

    管理人コメント

    オーネットと双璧をなすツヴァイ。イオン系列の結婚相談所です。オーネットに比べると少し見劣りがしますが、僕の周りの理系男子では利用者が多いです。なぜかというと、メーカーなど理系男子が多い企業が法人会員となっているケースが多いからです。ツヴァイも大きな欠点がないので、近くに店舗があるのなら、ぜひ一度足を運んでみると良いと思います。無料体験などがあります。

なお、出会いチャンスは「エリア毎の異性会員数(平均)」、コスパは「紹介1人あたりにかかる費用」を5段階で評価していますが、それらの詳しい考え方については下記の記事をご参照ください。

理系的、ロジカルな結婚相談所の選び方その2:データマッチング型の選び方

 

各社個別に資料請求するのが面倒な人には下記のような資料一括請求サービスもあります。

ズバット結婚サービス比較: 厳選16社の結婚相談所資料一括請求(無料)