理系男子の彼女探しや婚活における3つのNG:彼女の作り方

女性を紹介されたとき、合コン、お見合いで絶対にやってはいけないこと

本Webサイトは理系男子と結婚したいという女性向けの記事がメインですが、今回は理系男子向けの記事になります。

僕はこれまで、大勢の理系男子から彼女探しの話を聞いてきました。また、友人である理系男子に知り合いの女性を紹介したことが何度かあります。これらの経験を通じて、ある事実に気づきました。真理と言っても良いくらいのことです。

何かというと、男性側が原因でうまく行かない場合、ほとんど全てのケースで以下に示す3大NGのどれか、または全てをやらかしているのです。

では、やってはいけない順に3つを説明します。

 

その1:自慢話をする

これは相手の女性に非常につまらない思いをさせる非常に残念な行為です。女性からすると鼻につくだけです。そして、目の前の男性(=自分)を余裕のない男、器の小さな男に映してしまう行為です。決して、決してしてはいけません。

これまで傍らで多くの事例を見てきた僕の経験からすると、理系男子は自分の能力の高さを明に暗に自慢しがちです。思い当たるフシがないか胸に手を当てて考えてみてください。

仕事の話、勉強の話、受験の話などに話題が及んだ際は特に気をつけてください。思い出話、昔話も自慢っぽくならないようにくれぐれも気をつけてください。とにかく謙虚に。

自慢話をしても、ノーベル賞を取ったとかいうくらいのスゴイことでなければ、女性の気を引くことはありません。つまり、得るものは何もありません。女性からの尊敬の眼差しなんて決して得られませんのでくれぐれもご注意ください。周囲の男性からも嫌なヤツだと思われるだけです。

自慢話をするくらいなら、マヌケ話をしたほうが100倍マシです。よく覚えておいてください。

 

その2:相手の話を聞かない

その1の自慢話よりはマシですが、これも良く見かける残念な行為です。場を盛り上げないといけないと思ってか、相手の女性の話を聞かずに自分ばかりが話してしまう人がいます。

これが自分話になったらかなりマズいです。そして自慢話になったらもう最悪、目も当てられません。その1とその2の合わせ技、NGコンボ。挽回はかなり難しいです。

ではどうすれば良いのかというと、これは簡単です。とにかく相手の話を聞いていれば良いのです。相手のコがあまりしゃべらないようなら、質問をしてください。でも、ディープで答えにくい質問はダメです。好きな食べ物だとか、好きなお酒だとか、趣味だとか、そんな簡単な質問をしてください。

どこかで盛り上がったら、その話題について深掘りしてみてください。相手のコが積極的に話し始めたらしめたものです。ちなみに、相手に求められない限り、アドバイスのような発言は不要です。説教なんて言語道断です。

自分のことについては、聞かれたら答える程度で十分です。経験上、相手の話が7から8、自分の話が3から2くらいの割合が良いかと思います。

 

その3:消極的な態度を取る

3点目は上記2点に比べると遥かにマシですが、これもNGです。上記2つが女性から減点をもらうだけのマイナスの行為なのに対し、これはせっかく女性と話す機会があるのにプラスの行為を行わないという非常にモッタイナイ状況といえます。

女性と仲良くなりたいのであれば、多くの場合、男性がきっかけを作って関係をリードした方がうまく行きます。これは多くの事例を見てきた経験から断言できます。

うまく行く人は積極的に食事やデートなどに誘っているのです。LINEや電話番号など連絡先を積極的に聞いているのです。あるいは、自分の連絡先を積極的に教えているのです。女性の心を掴むには、顔や服装などのルックスより積極的な態度の方が100倍大事なのは間違いありません。

恥ずかしいかもしれないけど、是非積極的に行きましょう。相手の女性も自分から誘って失敗したらどうしようと不安な気持ちでいるのです。女性に恥ずかしい思いをさせてはいけません。仮に恥ずかしい思いをしても、死ぬわけではありません。

ただし、相手があからさまに嫌がっているようなら、それ以上踏み込んではダメです。これはただの迷惑行為です。

さいごに

彼女探し、出会いの場での3大NGを紹介しました。とにかく上記3つを犯さないよう気をつけてください。

最悪、その3は仕方ないとしても、その1、その2は絶対に絶対にダメです!この2つは自分が意識していれば防げるはずです。

それでは、ご健闘をお祈りします!

 

ちなみに、今回の記事の内容は下記記事のP2bについて詳しく説明したものになります。良かったら目を通してみてください。

理系男子が「良い出会い」を増やすには?ルックス改善が一番簡単!?

良い出会い = NP1aP1bP2aP2b

P2b:相手があなたとお近づきになりたいと思う確率

このページの先頭へ